古閑美保の生解説が聞ける観戦ツアーはプレミアムな体験!ゴルフ好きだけではないゴルフ初心者への効果

Posted on Posted in ゴルフ活性化NEWS

福島県のグランディ那須白河ゴルフクラブで開催されている「ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント」初日は昨年同様にスコアの伸ばし合いに。市原弘大、今平周吾、I・H・ホ、C・ニラトら4人が7アンダーでトップに立った。

地域密着やゴルフの普及を目的にしたイベントを開催している本大会。昨年に引き続きプロゴルファーによる生解説付き観戦ガイドツアーが今年も行われている。プロと一緒にトーナメントを観戦しながら”生の声”が聞けるとあった大好評。昨年は決勝ラウンドで1日2回(各20名)実施され、抽選による無料参加であったが応募が殺到したことからも今年は先着順による有料(1.000円)で4日間開催。予選ラウンドは古閑美保プロ、決勝ラウンドは加瀬秀樹プロが担当する。

初日に行われた古閑プロの観戦ガイドツアーは午前の部、午後の部ともに定員20名が即完売。観戦ガイドツアーは参加者に専用のイヤホンが配布され、3〜4ホールをプロの生解説を聞きながら観戦する。観戦するホールは当日のプレー進行やペアリングを見て古閑プロが決める。トーナメント会場でガイド役の古閑プロが20名のギャラリーを引き連れる光景は社会科見学や修学旅行さながら。参加しているギャラリーは実に楽しそうだ。

目から鱗の生解説

20名なのでホールに沿って歩きながら観戦している時は長い列となるが、専用の受信機は20mくらい離れていても古閑プロの声が入ってくるので、歩くスピードが遅い人でも問題ない。実際に観戦ツアーの最後尾についても聞くことができたし、ラジオを聞きながらトーナメント観戦をしているようで面白かった。

1番のスタートホールでは男子プロと女子プロの飛距離を説明しながら「着弾地点はこの辺りですよ」と話していると、右に曲がったボールがまさにその位置に。目の前に落ちたボールに観戦ツアー参加者一同で驚く一幕も。

60分の観戦ツアーでは各ホールでコースレイアウトやグリーンの形状、ライの状況やシチュエーションの違いによる難易度など細かく解説。「今日のピンポジションだとどの辺りが狙い目」や「あのセカンドの位置からだとこういった選択肢がある」などプロの生解説にうなずく参加者たち。まさに目から鱗といった感じだ。

ウィスパーボイスで臨場感が増す

トーナメントの新たな観戦スタイルにもなる本企画。その魅力はいくつかあるが、1つ目は「グリーン周りでのささやき」だ。

トーナメントではプレーの妨げにならないよう声を出してはいけない。そのため、グリーン周辺など選手が近くにいる時にはどうするのだろうか?と思っていたら、さすがはTV中継でラウンド解説の経験豊富な古閑プロ。マイクに手を当てて声がもれないよう細心の注意を払って、ささやき出した。

このウィスパーボイスがなんともLIVE感があって面白い。アプローチでボールを上げるのか転がすのか、パッティングの細かいラインなど古閑プロが解説してくれる。TVではわかりづらい傾斜や微妙なラインを目の前で選手のプレーを見ながら解説を聞けるのはゴルフ好きにはたまらない。

ゴルフ初心者でも安心して観戦できる

もう1つの魅力は「ゴルフを知らない人でも安心して観戦できる」ことだ。観戦ツアー終了後に古閑プロが「ゴルフが大好きで詳しい話を聞きたい人が多いので専門的なことも解説したけど、(ゴルフウェアではなく)私服で参加している人もいたので、ゴルフはあまり知らない人かと思ってわかりやすく説明することを心がけた」と振り返るように、午後の部には幼い子供を連れた一組の親子が参加していた。

お母さんに話を聞くと、旦那さんはゴルフをするがご自身は「始めたいとは思うけどなかなか・・・」というゴルフ未経験者。コース内で実施していた『ファミリーパーク』で息子さんがスナッグゴルフを体験したところ「面白い」というから参加したという。

ゴルフを全く知らない人がトーナメント会場に来た場合、ガイド役はいないのでコースマップを片手に探索すると思うが、どこにいけば良いかわからないのがほとんどだろう。さらにゴルフの場合は、プレー中に動いたり声を出してはいけないし、打球事故の心配もある。ゴルフを知っている引率者がいれば問題ないが、ゴルフを知らない人にはハードルが高い。

そう考えると、今回の観戦ツアーは20人が団体となったプロゴルファーが引率してくれる。運営スタッフも帯同しているし、ホール間の移動も心配ない。気兼ねなく間近でプロのプレーを見ることができる。海外の知らない土地へ行って、観戦ツアーに申し込むのと同じような感覚に思えた。

観戦ツアーのイベント終了後には参加者限定で古閑プロのサイン会と記念撮影が行われた。

正直、ゴルフをやったことがない子供にとっては60分は退屈な時間もあっただろう。それでも子供心に残った今日の思い出が将来ゴルフをするきっかけになるかもしれない。これこそが、本トーナメントが目指すゴルフの活性化でもある。

古閑プロの観戦ガイドツアーの模様は8月6日(土)12:45~放送の「ゴルフのたすき」でご紹介。ゴルフトーナメントに行くのは初めて!という番組MCのかえひろみさんも観戦ツアー参加しました。ぜひお楽しみに。