1997年10月にゴルフ専門チャンネルとして開局したゴルフネットワーク。放送だけでなく、「より多くの社会人ゴルファーに競技ゴルフの楽しさを感じてもらいたい」という想いから、視聴者が参加できる“競技会”を新たに企画。「1名だと不安でなかなか競技ゴルフに踏み出せないのではないか?」という参加者の不安を取り除くにはどうしたらいいのか?どうしたら多くのゴルファーに楽しんでもらえるのか?参加者心理を紐解いた先にあったのが、個人戦ではなく、2名でチームを組んで戦う“ダブルス競技”であった。そして1998年11月3日千葉県・カントリークラブザ・ファースト(現:アクアラインゴルフクラブ)にて遂に第一回ゴルフネットワーク選手権を開催し、番組として放送。初代優勝チームは金沢剛喜(東京都)・秋本康彦東京都)チームが69の3アンダー。ダブルス競技の楽しさは瞬く間にゴルファーに浸透していった。気が付けば1会場の参加枠に対して5倍の出場希望者が殺到する人気大会へ。時にはアクセスが急増し、WEBでの申込みができなくなるトラブルが発生するほど、ダブルス競技の面白さはアマチュアゴルファーの心をとらえていった。第3回大会の2000年から地区大会(予選)を設け、茨城県の石岡ゴルフクラブにて開催。(男子ツアー1999年~2006年アコムインターナショナル開催コース)にて決勝大会を開催した。地区大会の会場数は2002年8会場、2006年10会場、2012年11会場、2014年12会場と大会人気と共に年々増加し、昨年の20回記念大会では最多となる13会場で地区大会を実施。地区大会の全国区化に伴い2003年に正式に日本ゴルフ協会の後援競技に認められ、名実共に競技志向の社会人アマチュアゴルファーにとって「ダブルス日本一」を目指す大会として広く認知されるようになった。決勝大会の舞台はプロゴルフトーナメント開催コースに拘って開催してきたゴルフネットワーク選手権。「ダブルス日本一」に相応しい決勝大会を目指し、2011年より宮崎県のフェニックスカントリークラブに舞台を移す。フェニックスカントリークラブは、1974年のゴルフブーム到来に先駆け、第1回ダンロップフニックストーナメントを開催した松林の美しいシーサイドチャンピオンコースだ。日本のゴルフ界のさらなるレベルアップのために、本物のインターナショナルゴルフトーナメントを目指して、多くの関係者の理解と努力によって誕生したダンロップフェニックスは、現在も毎年世界のトッププロが集う世界的なトーナメントとして発展し続けている。昨年、第20回の記念大会としてゴルフネットワーク選手権を開催。2017年全国地区大会への合計参加チームは895チーム、各地区大会の上位チーム82チームと2015、2016年の優勝シードチーム2チームを加え、84チームによって決勝大会が行われた。第20回大会は水上 晃男(千葉県)、吹野 耕一(東京都)チームが「67」の5アンダーで見事優勝し、トロフィーを掲げた。そして今年、第21回大会を迎えたゴルフネットワーク選手権。毎年、ゴルフネットワーク選手権を楽しみに出場頂いている皆様だけでなく、まだ競技ゴルフを経験されていない社会人アマチュアゴルファーの皆様に是非、競技ゴルフ、ダブルス競技の楽しさを感じて頂きたいと思っています。21年目という新たなスタートとして、大会にご協賛・ご協力頂く企業様、ゴルフ場の皆様と質の高いゴルフ競技を主催することで、日本のゴルフ界に貢献できればと考えております。ゴルフネットワーク選手権を末永く御愛顧いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。