シェル・ヒューストン・オープン

コース:GCオブヒューストンC (テキサス州)
全長:7,457ヤード(パー72)
賞金総額:700万ドル
昨年優勝者:ジム・ハーマン


実況:土居壮 解説:内藤雄士
▪マスターズ前哨戦

メジャー初戦「マスターズ」を翌週に控え、欧州勢も多く参戦。 テキサスが熱く燃える1週間となる。グリーン周りの芝は刈り込ま れ、開催コースの「ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン」はオーガスタ仕様に準備される。
昨年は、ジム・ ハーマンがプロ転向16年目にしてツ アー初勝利を獲得。オーガスタ行きの最終チケットを掴んだ。マスターズ出場権のない選手にとってはラストチャンス、マスターズ出場組はメジャー初戦の戦いを占う重要な一戦となる。日本からは石川遼が参戦。
▪石川遼が出場、残り10試合へシーズン折り返し

今季は「公傷制度」によりPGAツアーへ参戦している石川。2016-17シーズンの出場試合数は20試合と限られている。
先週出場した「プエルトリコオープン」はWGC開催週のためポイント獲得のチャンスだったが、初日に「74」(2オーバー)と出遅れると、2日目は「70」とスコアを伸ばすも通算イーブンパーの100位で予選落ち。
今季はここまで10試合に出場して、初戦の「CIMBクラシック」10位タイが最高位。予選落ちは4回でフェデックスカップランキングは125位と苦戦を強いられている。
【石川遼2016-17シーズン成績】
CIMBクラシック【10位T】
シュライナーズ・ホスピタル【CUT】
OHLクラシック【50位T】
キャリアビルダーチャレンジ【50位T】
ファーマーズインシュランスオープン【20位T】
フェニックスオープン【CUT】
ジェネシスオープン【CUT】
ホンダクラシック【37位T】
バルスパー選手権【69位】
プエルトリコオープン【CUT】
石川「ショットのロングゲームが鍵を握る」
プエルトリコオープンの2日目終了後には「出だしの1番と2番ホール以外は良いゴルフができた。ショットの内容はすごく良くなっている」とショットのへの手応えを語っていた。
今週開催の「シェルヒューストン」は2014年の31位がベストフィニッシュで、過去に2度の予選落ち(2013年、2015年)と石川が苦手としているコースだ。
「ショットのロングゲームが鍵を握るコース。自分にとっては難しく感じるコースだけど、今のショットでどれくらい通用するのか楽しみだし、チャレンジしていきたい」と前向きなコメント。
出場試合数が少ない石川にとって、残り10試合でシード獲得を目指すことになるだけに、今大会での上位フィニッシュを期待したい。
<シェル・ヒューストン・オープン 放送日時>
1日目3/31(金) 午前5:00~8:00 [LIVE]
2日目4/1(土) 午前5:00~8:00 [LIVE]
3日目4/1(土) 深夜2:00~翌午前7:00 ※最大延長 午前8:00 まで [LIVE]
最終日4/2(日) 深夜2:00~翌午前7:00 ※最大延長 午前10:30 まで [LIVE]
スリクソン「Z-STAR」または「Z-STAR XV」、キャロウェイ「CHROME SOFT」または「CHROME SOFT X」のいずれかお好きなボールを、毎月各ボール(1ダース)を2名様ずつ、合計8名様にプレゼント!※ご希望の賞品ボールの種類は、応募フォーム内でご選択いただけます。
TOPへ