【速報】最終ラウンド進出なるか!? 3日目は作戦変更で武藤&桑田ペアが猛チャージ!

「ISPSハンダニュージーランドオープン」3日目。通算14アンダーの34位タイからスタートした武藤俊憲と桑田真澄さんのペアは息のあったプレーを見せ、通算24アンダーまでスコアを伸ばした。ホールアウト時点の順位は6位タイまで押し上げ、決勝ラウンド進出圏内(10位以内)も見えてきた。武藤は5バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの69で回り、通算8アンダーでフィニッシュ。

予選ラウンドとは違った作戦で臨んだという武藤・桑田ペア。

「武藤プロと相談して、今日はバーディを狙ってどんどん攻めていった」という桑田さん。作戦変更が功を奏して、好スコアへと繋がった。348Yと距離の短いパー4ではドライバーでフェアウェイの真ん中へナイスショット見せた桑田さん。「武藤プロがフェアウェイにきっちり打たれたので、僕はドライバーで攻めました」と息もぴったり。

そのドライバーショットの裏にはプレー中の「優れた対応能力」があった。

(桑田さん)「今日はスタートからドライバーが悪くて、なんでだろうって自分なりに悩んでました。それで武藤プロのスイングを見ていたら、肩をちゃんと回しているなってということに気がつきました。ラフにいくと次のショットが厳しいので、真っ直ぐ打たなくてはいけないと思って、肩が回っていなかったんです。それで肩を回そうと意識してスイングしたら良いボールが出始めました。」

(武藤さん)「途中で桑田さんが『あっ、わかった』と言っていたので、そこからのドライバー3発は全て真っ直ぐ飛んでいて、反応が早い!って思いました。ちょっとした差に気がついて、すぐに修正できるのは流石です。」

チーム戦は10位までが明日の最終日に進出する。「34位からよく6位まで上がりましたね。1日でも長く武藤プロとプレーしたいです」と最終日進出となるか、後続の結果を待つ。

『ISPSハンダ ニュージーランドオープン』
★全ラウンドゴルフネットワーク独占生中継
3日目 3/11(土)午前10時~午後2時
最終日 3/12(日)午前10時~午後2時
※最終日の最大延長は午後5時まで

解説:佐藤信人プロ
現地リポーター:プロキャディ杉澤伸章
実況:薬師寺広

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です