4月から国内開幕を迎える国内男子ツアー。 ゴルフネットワークでは、今年も注目大会で「とことん1番ホール生中継」を展開するほか、「じっくり徹底解剖!中日クラウンズ」や「ぎゅっと週刊国内ツアー」なども通じて男子ツアーを盛り上げる。 この番組では4月の男子ツアー各大会の見どころを横田真一プロが独自の視点からランキング形式で紹介していく。昨シーズン、初の賞金王を掴み取った池田勇太プロへのインタビューもお届け。池田プロの新たな決意とは!?

JGTO国内開幕戦は今年も東建多度カントリー倶楽部・名古屋コースから始まる! 今年、25回目の開催となる本大会。 昨年大会では、前年賞金王の金 庚泰が2日目を終え単独首位に。 最終日、近藤共弘に追いつかれるも3ホールに及ぶプレーオフを制し、早くもシーズン1勝目を手にした。 ゴルフネットワークでは、注目の国内開幕戦を「とことん1番ホール」で生中継! 全選手のシーズン1打目をお届けする!1番ホールは距離のあるパー4、その攻め方に注目だ!

1960年開幕、日本の民間トーナメント最古の歴史を誇る大会。名古屋ゴルフ倶楽部・和合コースは、距離こそ長くないが、難攻不落と称されるツアーきっての名舞台だ。 昨年大会では、国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」で優勝を挙げた前年賞金王、金 庚泰が早くもシーズン2勝目を獲得。 ゴルフネットワークでは、ダイジェストだけでなく、1番ホールの模様を独占生中継でお届け! 林越えを狙いドライバーを振り抜くか、狙い刻んでセカンドショット勝負か。和合は1番ホールからドラマが詰まっている!

今回は多くの男子プロがシーズンの出来を占うための試金石として出場する「中日クラウンズ」を徹底解剖。 とことん1番ホール生中継で解説を務める金谷多一郎プロが開催コースである「名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(愛知県)」の注目ホールや攻略法を実際にプレーしながら解説。

1960年から続く「中日クラウンズ」。過去には、ジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレーヤー、セベ・バレステロスを始め、ローリー・マキロイ、ジャスティン・ローズなど世界のトッププレーヤーも出場している今大会。 番組では、今大会のこれまでの歴史を振り返るとともに、今年の展望を占っていく。

今年で開催58回目を迎え、日本で現存する民間最古のゴルフトーナメントとして有名な「中日クラウンズ」。 2010年大会では首位と6打差からスタートした石川遼(当時18歳)が12バーディを奪う猛攻で、「58」の世界最小スコアをマークし逆転優勝を果たした。世界を驚かせた歴史的スコアは1番ホールのバーディから始まった・・。

毎週月曜 午後11:00〜、注目大会を試合終了後に振り返る国内ツアー情報番組。日曜日に中継を見逃してしまった方も、もう一度見たい方も、この番組でキャッチアップ! 4月は「ヤマハレディースオープン葛城」や国内男子開幕戦「東建ホームメイトカップ」から3週連続で男子ツアーを取材予定。