11月24日(木)からオーストラリアのキングストンヒースGCで行われる男子ゴルフの国別対抗戦「ゴルフ ワールドカップ」。 全28か国、計56名の選手が参戦し、国の名誉とプライドを掛けた熾烈な戦いが繰り広げられる。 日本からは共に米ツアーを主戦場とする松山英樹&石川遼が日本代表として夢のタッグが実現! 松山&石川のチームジャパンが、4日間の団体戦で伊澤利光と丸山茂樹がタッグを組んだ2002年大会(メキシコ)以来3回目の優勝を目指す!

ゴルフワールドカップLIVE中継 連日松山・石川の1打速報をお届けします!
松山
28カ国計56名の選手による国別対抗戦。
今年から2011年の大会フォーマットに戻り、初日と3日目がオルタネートショットのフォアサム、2日目と4日目がフォアボールのダブルスとなる。
日本からは、世界ランク最上位者として松山英樹が選出。そして松山がパートナーとして選んだのが石川遼だ。
世界ランカー松山と、調子を上げてきている石川の若き同級生コンビは、決して世界に引けを取らない力を持っているはず。「TEAM JAPAN」の大舞台での活躍に注目が集まる。
もう一つの注目チームは、連覇を狙う豪州のアダム・スコット&マーク・リーシュマンチーム。
昨年大会でジェイソン・デイとペアを組み優勝を手にしたアダム・スコットの連覇に掛ける思いは強い。
一方のリーシュマンも、デイの故障による欠場で参戦権を手にし、母国開催となる本大会でスコットと代表チームを組める事に喜び勇んでいる。
出場選手たちは、己のプライドと母国の威信をかけて戦い、通常のトーナメントでは決して見ることのできない迫力・熱気・興奮を感じることが出来るだろう。
また、本大会はダブルス戦だけに、今年112年ぶりに競技復活したオリンピックでの戦いとも違った盛り上りを楽しめること請け合いだ!
■開催日:11/24(木)~11/27(日) ■場所:キングストンヒースGC(豪州) ■賞金総額: 800万ドル(優勝賞金:256万ドル) ■13年優勝国:豪州 ■13年優勝:ジェイソン・デイ(豪州)
石川

ゴルフワールドカップのご視聴方法